べにちゃん、危なかったです。


今朝7時過ぎ、ハリーが空腹からか黄色い胃液を嘔吐しました。

その中に、(二匹に前日の夜6時頃にあげた)「ジャーキータイプのフィラリア予防薬」が
ほぼ形がある状態で一緒に出てきていました。
目視で確認したわずか数秒後に、後ろから突然べにちゃんが現れ「パクッ」と薬を食べてしまいました。
口に入れた瞬間にすぐに手をつっこんで出そうとしましたが既に飲み込んでいました。

べにちゃんは元々フードを食べるのがものすごく早く、
全くと言っていいほど、ほとんど噛まない、丸飲みしてしまうくせがあります。
ハリーもパピーの頃そうだったので早食い防止のフード入れを使っていました。
そのお下がりを現在べにちゃんにも使っているのですが・・・。

かかりつけの病院が開く30分前に電話したら院長先生が出たので、すぐに経緯を説明。
すると・・「フィラリアの薬は安全性が確立されてますので大丈夫ですよ。」と返答が。
薬を吐いてしまったハリーには2~3日後にもう一度薬を飲ませればいいとの事。

もう一瞬にして安堵感が漂いました。
それまでは薬には致死量があるのでどうにかなったらどうしよう・・と不安でいっぱいだったのです。
べにちゃんは自分の分以外にハリーの分も食べてしまったので・・
でも何事も無く、とにかく本当によかったです。

ガツガツ食べてしまう早食いですが、
1歳を過ぎてハリーが早食いではなくゆっくり食べれるようになりました。
なので、べにちゃんに対しても気長に矯正できればな・・という考えです。

しかし「拾い食い」はやめさせないといけません。
でもどうやって「しつけ」していいのかさっぱりです・・。

もう少しで5ヶ月になるべにちゃん。
「しつけ」をする最適な時期だけど、飼い主がちんぷんかんぷんじゃダメですよね。
「おすわり」や「まて」、「ふせ」など、できればフードを使わずに教えたいのですが・・
よかったら皆さんの経験やアドバイスがあれば教えて頂きたいなと思います。


最後にべにちゃん一言・・

e0290901_15425428.png








ランキングに参加しています。
清きクリックありがとうございます^^
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
[PR]
by harry0722 | 2012-09-19 15:54